今さら金八シリーズを全制覇、今回は第二シリーズについての感想

ふと学生時代に3年B組金八先生というドマラを観ていた事を思い出し、「あのドラマけっこう重かったよなぁ」と思ったら何故か無償に全シリーズ観たくなったので一気に観たんですよ、もちろん第一シリーズから第八シリーズ、そしてファイナルまできっちり観ました。流石にスペシャルドラマまでは観れていませんが・・・。

自分が観ていたのは第五と第六なんですが、第一から観てみるといきなり生徒・浅井雪乃の妊娠と重々しい^^;
毎シリーズ重いテーマだったのは覚えていたのです第一からこれとは流石・・・と思いました。個人的に一番楽しみにしていたのはファンの間で一番人気?っぽい第二の腐ったミカン!これが観たくて第一シリーズ観終わってやっと観れるー!と思ってすげー楽しみにしていたんですが観てみると意外とそこまで重さというか切なさが無かったですね、観る前に凄いの想像してたのでその所為だと思いますが・・・いやでも本当に面白いドラマ性なのは相変わらずでした。
不良生徒の加藤優が荒谷二中に乗り込み放送室占拠、そこで「俺たちは腐ったミカンじゃねー!人間なんだよ!間違ってたらすみませんと謝るのが筋だと、金八先生から教わったぞ!」と訴えるシーンはかなりグッときました。しかもそこでちゃんと加藤達を蹂躙してたダメ教師達が自分達の非を認めるんですよね、そこで「あ~良かったメデタシメデタシ」で終わらないのが人間ドラマ金八シリーズ、放送室から出ると警察の団体に追い掛け回され逮捕されます。有名ですがここで中島みゆきの『世情』がフルコーラスで流れるんですよねー
逮捕後は金八ら教師と警察が集まり話し合いのシーンになるんですがここでの金八先生の名演技で泣けます。ボロボロに泣きながら、でも熱く「我々はミカンを作ってるんじゃありません!人間を作ってるんですよ!」と言う場面はホント名シーン。そしてその後に加藤が戻ってきてビンタされるんですが・・・これアドリブなようで、その場面をよく見ると後ろに立ってる不良生徒が「えーーー!?」て顔してガチで驚いているのが分かります(笑)
第二のいいところって、加藤優と最初は凄く仲が悪かった松浦悟とだんだん友情が芽生えて、後々のシリーズでもこの二人は親友っていうのもGOODでしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です