仙台の方まで四時間バスに揺られながら行ってきました。着く頃には脚が90度に曲がったまま伸ばすことができませんでした。

ホテルにチェックインして荷物を置いて、仙台の街へ繰り出しました。どこもかしこも高いビルばかりで、迷いました。

駅までたどり着いて、松島まで電車で移動しました。松島は海辺でとても澄んでいました。近くの水族館に行って癒されてきました。

ペンギンやアシカ、アザラシ、クラゲ、イルカなどめっちゃ可愛かったです。

ペンギンに魚をあげたり、アシカのショーをみたりしました。アシカが芸をできることと楽しい時間を提供してくれることに驚きました。次生まれ変わったら、ペンギンかアシカになろうと思いました。そのあと電車でぶらり旅をしました。

突然電車から降りて、その近くをブラブラして、カフェに入ってみたり、牛タン食べてみたり、服みたりしました。

時間を湯意義に使えてよかったです。夜はホテルに帰ってきて、ディナーをしました。おいしかったです。

ディナーのあとはコンビニでつまみと酒を買って一人晩酌をしていました。テレビもおもしろくて、今日一日を振り返ってみたりしました。

なんだかんだで楽しい一日だなと浸っていました。いつ寝たかは記憶にないです。

背中ニキビ専用の、ジュエルレインという商品は知りませんでした。

ニキビケアの様なので具体的に知りたかったので調べてみました。背中のニキビを治すための塗り薬だと始めて知りました。
たしかに、背中ニキビの治し方を調べると、ジュエルレインが多く紹介されています。

興味深くなってきました。背中でなく顔のニキビにも効果があるのでしょうか。気になります。顔のにきびもしつこいです。

病院にくれた塗り薬ではひどくなるばかりです。野菜サプリ(青汁など)半年以上毎日飲み続けていますがはっきりした効果見られていません。ニキビによい石鹸も色々試しましたが成果なしで終わりました。

ジュエルレインは、ニキビケアであるので顔でも効果あるかも知れないと少し期待したいです。

ニキビは生活習慣改善だけでは完治できません。野菜サプリなどサポートしながらジュエルレインで顔のニキビケアに効果ありかどうか試してみようと思っています。しかし背中以外のニキビケアしていいかどうか少し不安 心配していますが試すしか他にないと思っています。

顔に付けるのですから 出来るだけベタベタ感のない塗り薬がいいです。ジュエルレインはクリームでなくジェルみたいな滑らかな感じの様に見えました。
(商品の写真)感心の匂いに気になります。

顔に付ける塗り薬ですから無臭がいいです。

夜中にサキちゃんと話してました。
特に用事はないけれど、何となく私と話したいと言われていたので、寝る前に少しだけ話して眠くなったらお開きにするくらいのつもりでした。
実際のところ、話し始める前から私は視界がぼやけていて、時計を見て考えてももうちょっとしたら寝ても良い頃合でした。
「今日も一日、疲れたね」
なんていう切り口で話し始めたのですが、こればっかりはとんだ見当はずれだったようです。
というのも、彼女はたまたま昼夜が逆転してしまっていて、実は夕方くらいに布団に入ってしまったものですから、ちょうど私が話しかける30分くらい前に起きたという話でした。
「そんなに不摂生をしてると、身体こわすよ」
なんて言うと、年寄りっぽいだなんて私をからかいます。
実際のところは説教になっているかも知れませんが、もともとの私の気持ちとして説教がしたいのではなく、ただ彼女が心配だっただけなのでちょっと心外です。
だいたい、最近は肌が荒れるだとか、化粧のノリが悪いだとか、挙句の果てにはそろそろ化粧品を買い替えた方が良いんじゃないかとか、そんな事ばかり言っているのは彼女なのです。
私はそう思ってるという事を彼女に説明すると、一通りおとなしくきいた後で私に「でも、やっぱり年寄りみたい」だなんて言うので私も返す言葉がありません。

昨日はサッカーを観にグリーンスタジアムに行きました。
私はシーズンパスを持っているのでほぼ毎試合観に行くのですが、今日はちょうどサッカーを観たいという友達がいたので、友達を拾ってサッカー場に向かいました。
駐車場はキヤノンの社員用の駐車場でかなり広いのですが、今日は普段よりも人が入っているような気がしました。千葉から比較的近いので、アウェイのサポーターがたくさん来ているのでしょうね。
バスに乗ってスタジアムに到着。中に入るといつも通り栃木のサポーターがいますが、アウェイの千葉のサポーターもたくさんいてびっくりしました。ゴール裏に限って言えば千葉の方が多かったくらいです。
普段はバックスタンドの栃木寄りに座るのですが、今日は一緒に行っている友達の喫煙所から近い席とのリクエストでアウェイ寄りに座りました。
周りは千葉サポーターばっかりです。しかも栃木ではありえないことにゴール裏のチャントに合わせて手拍子とかをしています。試合は前半は何もなく、後半は栃木よりに席を移って観る事にしました。
栃木はなかなかボールをつなぐことが出来ず、何回も攻め込まれます。そしてハンドでPKを献上し、森本選手に決められてしまいます。
でもすぐに追いつきますが、そこからは一方的に攻められる展開で、何回も冷や冷やしましたが、なんとか引き分けのまま終えることができました。
一緒に行ってくれた友達も満足してくれたみたいで、来週以降の栃木SCの戦いっぷりに楽しみです。

私は男性なので、ハイヒールを履く機会もなく、女性が履いてるのを見かけたり話にきいたりするくらいです。
わざわざ自分に合ったハイヒールを探そうなどとは思いませんし、もし探したとしても見つけるのは非常に難しく、その上で更に自分に合うものを見つけたところで、きっとそれは苦労して購入するのでしょうが、その買ったハイヒールというものを履く事はそうそうないでしょう。
もし何かの拍子にハイヒールを友人からプレゼントされたとしたら、きっとその場で履いてみせて、少しくらい歩いたりするでしょう。しかしすぐに飽きてしまい、どこかにしまったは良いものの、それを取り出す機会などもなく、だんだんと持ってるという事自体を忘れてしまい、ある時たまたまそれを見つけて、ああこんなものも持っていたななどと考えながらも処分に困る事でしょう。
そんな事を考えていると、では女性の場合だとどうなのだろう?という考えに行き着きます。
人それぞれとはよくいったもので、一口に女性といったってみんながみんなハイヒールを日常的に履くわけでもなければ、そもそも好きかどうかもわからないものです。
そう考えてみると、極めて限られた人しか馴染みのないもののような気はしてしまいますが、そんなはずもなく、なんだかんだ言って街中でいくらでも目にする機会はありますね。

この間まで、スーパーに店頭には醤油・みりん・ザラメに大きなタッバの容器が並んでいました。神戸では春を告げる「いかなごのくぎ煮」の季節だったのです。

それが今日、買い物に行くと見事なくらいに店頭の品ぞろえが変わっていました。

何やら卵形をしたケースに入ったお菓子や、今はやりのアニメの絵の描かれた卵の形のチョコ、ペコちゃんや有名なお菓子が入った袋に書かれた言葉は全部『イースター』となっていました。

少し前まであまり日本では広がらなかった「ハロウィン」がやたらと最近は幅を利かせています。それと同じように今回は「イースター」という行事が何やら広がりつつあるよ
うです。

「イースター」自体が何の事やらさっぱりわからない私にとっては、「これは何を祝う行事なのか、ハロウィンのようにお化けの格好をして楽しむ物なのか」と、何もわからないまま、スーパーの店頭に並ぶ「卵形の容器に印刷された最近おおはやりのアニメの図柄」をぼんやりとみていました。

また、それだけではなく『マーブルチョコ』のようなよくあるお菓子までもが「イースター」というネーミングをつけて、売られているのです。

ハロウィンの時も「こんな事日本で広がるのかな」と思っていたら、いつのまにかあちこちで「ハロウィン」に関する行事が行われるようになり、グッズも沢山お店に並ぶようになりました。「ハロウィン」以上に何のことかよく分からない「イースター」というものも日本で広がっていくのかと思うと、何やら、「うちの国は何でもありの国なのか」とか「商品があって、それで楽しければ何でも受け入れるのか」と思わず思ってしまいました。

とりあえず、「イースター」というものについてもう少しいろいろと調べてみたくなっている今の私でした。

寒い時期が終わり、だんだんあたたかくなってきました。

寒い時期の私の胃は少し弱っているのであまり食べられないんですが、それが食欲が増すと「あぁ、春が来たんだなぁ」と思います。

昨日から春らしくてあたたかくコートも薄いものに変えました。
それが合図になったのか、今日の食欲は異常に増進中です。

それが食べても満腹にならず、怖い事になっています。
これも春の私の風物詩なのです。
でも不思議なことに毎年それほど体重の増加にはならずに済んでいます。

春は私が生まれた時期なのでそれに関連するのか大好きな食べ物がいっぱいあります。
特に好きなのはタケノコと苺です。
毎年知り合いの竹林に入ってタケノコ狩りをして、それをすぐにあく抜きして煮しめやてんぷらにしたり
若竹煮にしたりして楽しみますし、イチゴはやっぱりいちご狩りでおなかがはち切れるほど食べて帰ってきます。

そして春といえば、お花見の時期ですよね。
お花見にはちょっとお高めのお花見弁当を買って、近所のお城の公園で食べるのが毎年の行事です。
夫はビールを飲んでそのままうたたねをして、子供はお弁当の後にお菓子をたらふく食べて、そんな幸せな行事が待っています。

花粉症などで鼻炎もちではありますが、毎年欠かさず家族の幸せの形で春の行事をいつまでも続けたいと思っています。

ある友人と久々に会いました。
彼は通称「ヤマト」です。
ヤマト・セイヤという非常に印象深い名前とは対照的に、彼は至って普通、それほど個性の強くない男の子です。
喫煙所でばったりと会い、私たちの間では馴染みのあるあいさつを交わします。
最近はちょっとタバコの本数が増えただとか、この後の昼休みに今日はどこに行って何を頼みたいだとか、ありふれた会話をします。
彼といつも通りに話しながらも、私はふと思います。
人というのは何かと理由をつけて物事を考えたがりますが、その理由のほとんどは後からつけるもので、行動をする瞬間には理由だとか気持ちだとかをわざわざ考えないでしょう。
そんな当たり前の事を改めて考えてる自分に、心の中ではちょっと笑ってしまいながらも、そう考えている自分だって普通に生きてるんだな、と思うと何だか笑っちゃいます。
ただ、その時にそのまんま表情に出ているというのは誤算でした。
頭の中で「笑っちゃうな」と思っていたら、自分が文字通り、文脈に関係なく笑ってしまっていたのです。
「どうしたんだよ、急に笑い出して。天そばならお前も食うだろ?」
彼が首をかしげながら私に問いかけてきます。
それもそうでしょう、彼の発言通り私の表情がほころぶのも文脈にまるっきし関係がなかったのですから。
「ううん、気にしないで!」
今日もいつも通り時間が過ぎていきます。

昨夜健康番組をNHKでやっていたので観ました。テーマは糖分の摂取などについてでした。糖分は普段食べる食品の中にたくさん含まれているので注意すべきだと思いました。糖をたくさん取りすぎると糖尿病やさまざまな病の引き金となるようなので、摂りすぎには注意です。

糖はお菓子類だけでなくごはんや麺類などの炭水化物にも含まれています。果物の果糖も糖としてカウントされるんだそうです。私はお菓子はそこまで食べないのですが、果物は結構食べるので注意が必要だと思いました。

また、ジュースやアルコールなどの飲料には糖が多く含まれているらしいので、飲みすぎはよくないです。飲み物は吸収がよさそうなので、暑い時期に美味しい炭酸やスポーツドリンクなども控えたいと思います。

私は個人的に炭水化物をとりがちなので気を付けたいと思います。麺類が大好きなのでお昼ご飯は麺をとることが多いので、その他の食事で糖を控えるように工夫すべきだと思いました。

昼に炭水化物をとる人は、夕飯はなるべくご飯は食べない方がいいのかもしれません。カレーなどの時は仕方ないですが夜は果物も食べるので、おかずのみの食事にしていきたいです。

こうして考えると糖を減らすのは意外と難しいことが分かります。

予定のない休日こそ、アプリゲーム日和なんだと思います。
何の予定も入らなかったし、仕事の呼び出しもない休日を満喫しようと思い、途中休憩を挟みながらも四つのアプリゲームを巡回。
仕事がある日はメインのアプリゲーム以外をやっている余裕がないので、今日はサブでやっているアプリゲームを中心にやるぞーと意気込んだのはいいのですが。
メインのアプリゲームのイベントは今日が最終日。
イベントゲットのキャラクターを手に入れないわけにはいかないので、結局はメインを中心にやってしまうのは仕方のないことだと割り切りました。
途中で同じアプリゲームをやっている友人からLINEが入ったり電話がかかってきたりしましたが、イベントカードはしっかりゲットできたので大満足です。
たまにはこんな予定がなくアプリゲームに没頭する日があってもいいなと思いつつ、目が疲れてしまうのが難点だと痛感しました。
使っているスマホの寿命が短いのもアプリゲームをやっているせいなんじゃないかとは思いながら、一度ハマるとなかなかやめられなくなってしまうのはアプリゲームの怖いところだと思います。
今月の目標は課金してしまわないことでしたが、この調子では月をまたぐ前にまた課金してしまいそうな予感がしています。